川勝平太知事の任期と選挙はいつ?評判・学歴(大学高校)まとめ!

川勝平太 静岡県知事

静岡県知事の川勝平太知事が日本学術会議の件での発言に対して話題になっていますね。

教養についての発言だけに、川勝平太知事の学歴も気になるところ!

そこで、川勝平太知事の高校や大学の学歴と経歴、評判、そして静岡県知事の任期や次の選挙がいつかについてもまとめていきます!

川勝平太知事の学歴が凄い!!大学と高校は?!

まずは、川勝平太知事の学歴をまとめていきます!

川勝平太知事の学歴を見てみると、さすがの高学歴ですね!

川勝平太知事の高校は、洛星高等学校

川勝平太知事は現在は静岡県で知事をしていますが、1948年8月16日に大阪府で生まれて、京都で育っています。

そして高校は、京都市の洛星高等学校を卒業しています。

洛星高等学校は、中学高校の一貫高校で、川勝平太知事の早稲田大学をはじめ、慶應義塾大学、東京大学へと毎年合格者が大勢でている学校です。

そして地元の京都大学は毎年50名以上合格者を出しているという超名門校です。

洛星高等学校出身の著名人では、アナウンサーの船越雅史さん、長谷川豊さん、様々な大学の教授、省庁の長官など、さまざまな分野で活躍されている方が大勢いる高校です。

川勝平太知事の大学は早稲田大学→オックスフォード大学

大学は、早稲田大学政治経済学部卒業しその後は、早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了。

そして博士課程に進学し、博士課程在学中にアメリカに渡り、オックスフォード大学より博士号を取得しています。

教養という点を学歴が見てみると、オックスフォード大学で博士号も取得しており文句なしの学歴ですね!

ちなみに、川勝平太知事の学歴を見ている、「D.Phil.」という称号を受けていますが、これは、アメリカでの博士号の称号のことを意味しています。

川勝平太(かわかつへいた)静岡県知事の経歴!

続いて川勝平太知事の経歴を見ています!

川勝平太静岡県知事の経歴

昭和47年3月 学士(早稲田大学第一政治経済学部経済学科)

昭和50年3月 修士(早稲田大学大学院経済学研究科)

昭和60年10月 D.Phil.(オックスフォード大学)

平成2年4月 早稲田大学政治経済学部教授

平成10年4月 国際日本文化研究センター教授

平成19年4月 学校法人静岡文化芸術大学学長

平成21年7月 静岡県知事(1期目)

平成25年7月 静岡県知事(2期目)

平成29年7月 静岡県知事(3期目)

川勝平太知事は、「学者知事」とも呼ばれるように大学を出た後は、大学の教授としての仕事を歴任していて、常に学問の世界に身をおいています。

そして、学校法人静岡文化芸術大学学長時に静岡県知事の出馬の話が出てきて、静岡県知事になっています。

それ以降、3期目の任期となっていて、11年間静岡県知事を歴任しています。

座右の銘は「常在道場」の意味は?

川勝平太知事の座右の銘は「常在道場」とあります。

聞き慣れない言葉ですが、おそらく川勝平太知事の言葉ではないでしょうか。

「常在道場」の意味は、「常に道場にいるかのように学ぶ姿勢を持ち続ける」。

川勝平太知事の経歴を見てみると、まさに座右の銘のとおりに生きてきていることが分かりますね。

スポンサーリンク




川勝平太知事の任期はいつまで?次の静岡県知事選挙はいつ?

川勝平太知事は2020年10月現在3期目の任期の期間となっています。

静岡県知事の任期は4年。前回の静岡県知事選挙は、平成29年(2017年)7月ですので、次の選挙は、2021年7月頃の予定となっています。

具体的な日にちは未定ですが、過去3回の選挙日を見ると、6月末か7月の上旬ですので、次の静岡県知事選挙は、2021年の6月の最終日曜日か7月の最初の日曜日ではないかと思われます。

そう思うと、川勝平太知事の任期も残り1年を切っています。

川勝平太静岡県知事の生年月日と年齢は、 1948年8月16日生まれの72歳(2020年10月13日現在)。まだまだ現役の年齢ですので、4期目に挑戦するのではないでしょうか。

川勝平太知事の評判と評価は?

川勝平太知事の評判や評価をまとめていきます。

まずは悪い評価や評判から。

やはり、菅総理に対する発言に対して悪い評判が一気に噴出していますね。

もともと支持していた人の中からもがっかりしたという声もあります。

あの一言で、川勝平太静岡県知事の人柄に関する評価が、自身の中で崩れ落ちました。

続いて良い評価や評判を見てみます。

川勝平太知事の発言を養護する声も上がっていますね。

また、評価する声としては次のようなものも。

また仕事に対する評価では次のような内容も。

静岡県庁でもお仕事をされている東郷和彦先生と川勝平太知事の熱意が実り静岡県での犬猫殺処分ゼロが達成されたそうです。

悪い評判にもありますが、最初の当選当初かなりの任期あった様子も伺えます。

評価や評判を見ていると、悪い評判の方が少し多いと思いますが、その多くは、今回の菅総理に向けた発言によるものが多いです。その中でも印象的なのが、評価していた人の中でもがっかりしたという声が多いことですね。

とは言え、これはネット上に出ている声のまとめです。前回2017年の時も川勝平太知事の悪い評判はありましたが、しっかりと当選しています。

それを思うと、散見される評判と、実際の支持率は異なりますよね。そういった意味でも、来年の静岡県知事選挙に注目です!

まとめ

川勝平太知事の学歴・経歴・評価評判をまとめました。

教養の件で注目を集めていますが、たしかに、川勝平太知事の学歴は非常にすごいです。

それだけに、余計に「学歴主義」とクローズアップされてしまっているという点もありそうです。

次の静岡県知事の選挙までに1年を切った中で、どのように評価されていくのか気になりますね。

また日本学術会議の件で注目が集まっているのは、杉田官房副長官。杉田和博官房副長官の経歴もなかなか凄いです!あわせてご確認くださいっ!

>>>杉田和博官房副長官の経歴と学歴(大学・高校)家族に娘や息子がいる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です