岸田文雄・河野太郎・小泉進次郎の英語力を動画で比較!学歴・留学歴もまとめ!

岸田文雄 河野太郎 小泉進次郎 英語力

自民党の政調会長、外務大臣、防衛大臣とか海外との絡みの多いポストを歴任されてきている岸田文雄議員。

総裁選に勝ち、新総理大臣となりましたね。岸田文雄さんは、英語でスピーチするなど英語力にも定評のある方。

同じく、総裁選に出馬した河野太郎大臣。河野太郎大臣も外務大臣の経験があり、英語力も高いとされています。

さらに、英語力が高いとされる小泉進次郎大臣

こちらでは、岸田文雄議員、河野太郎大臣、小泉進次郎大臣の英語力が分かる動画をまとめて紹介していきます!

岸田文雄の英語力は高い?通訳はつけてる?

岸田文雄 英語力 オバマ通訳なし
出典:https://mainichi.jp/articles/20200812/k00/00m/010/272000c

まずは、岸田文雄さんが通訳をつけているのかどうかが気になるところ。

岸田文雄さんの英語力についてのエピソードでは、オバマ前大統領が広島を訪問した時に通約なしで案内していたので日常会話でしたら十分に話せるようです。

またスピーチの時など、原稿を読む時も通訳をつけておらず、自分で英語で話しています。

ですが、必ずしも通訳をつけていないというわけではなく、質疑応答の場面になりますと言い間違えや失言を心配してか通訳を通じて話しています。

岸田文雄が英語を話せる理由は?学歴や留学経験はある?

岸田文雄さんのお父さんは通産省の官僚で、一時期はニューヨークの日本領事館に努めていました。

その時、岸田文雄さんは小学1年生から小学3年生までニューヨークの学校に通っていましたが、その学校は日本学校ではなく現地の公立小学校に通っていたそうです。

入学当初は英語が話せなかったのでジェスチャーで乗り切っていたようです。

小学生の時に英語の環境にいると、英語力のベースはしっかりできていそうですよね。

ちなみに、岸田文雄さんは仕事で海外に行くことはあっても、海外赴任をしたことはないようです。

では、学歴において、小学校時代以外に、留学経験があるのか見ていきます。

岸田文雄さんの小学校は1年生から3年生までニューヨークの公立小学校に入学し、帰国後は東京都永田町小学高に入学しました。

中学校は東京都千代田区にある麹町中学校に入学しテニス部に入部しました。

高校は東京都にある開成高等学校に進学し、部活は野球部に所属。

そこで野球が好きになり、今では、野球観戦が趣味にのようです。

その後、父親の後を追うように東京大学に3度も受験をチャレンジするものの失敗し、早稲田大学法学部に進学しました。

もちろん早稲大学の法学部も凄いことなんですが、東京大学に受からなかったというのも少し意外な気がしますよね。

英語力という観点からいうと、大学時代に留学したということもなく、海外赴任もないので、小学校の時の経験がベースとなっているようですね。

岸田文雄議員の学歴

・ニューヨークの公立小学校→千代田区立永田町小学校

・千代田区立麹町中学校

・開成高等学校

・早稲田大学法学部

岸田文雄政調会長の英語力が分かるスピーチ動画!

では、その英語力がわかる動画を見ていきましょう!

最初は英語で話していますのでそのまま英語でも喋れそうですが、イヤホンで通訳が入っているからと途中から日本語に切り替えています。

英語で長時間スピーチをしていることもあります。

ちなみに、外務大臣の時など、全て英語でスピーチしているわけではなくて、日本語でスピーチしていることも多々ありました。

小泉進次郎大臣の学歴と英語が喋れる理由は?

続いて、小泉進次郎大臣の学歴と英語が話せる理由について見てみます。

まずは学歴から。

小泉進次郎大臣の学歴

・関東学院六浦小学校入学から中学・高校・大学と関東学院の一貫校。

・関東学院大学経済学部卒業

米国コロンビア大学大学院政治学部修士号取得

小泉進次郎大臣の場合は、留学経験がありますので、英語力はコロンビア大学時代に磨かれたことがわかりますね!

小泉進次郎大臣の英語力がわかる動画!

では、小泉進次郎大臣の英語力が分かる動画をチェックしてみましょう。

英語でもアドリブ力は存分に発揮されていますねっ!!

スポンサーリンク




河野太郎大臣の学歴と英語がペラペラの理由

岸田文雄議員と同じく総裁選に出馬している河野太郎大臣も英語が喋れます

河野太郎大臣も、外務大臣の経験がありますが、英語が話せる理由は、アメリカの大学の、ジョージタウン大学を卒業しているからと言えますね。

さらに、ジョージタウン大学時代に、米議員のインターンを経験しています。アメリカの政治の現場で英語で話していた経験があります。

米メディアの取材にも英語で対応するほどの英語力の持ち主です。

河野太郎大臣の学歴

・YWCA幼稚園

・平塚市立花水小学校

・慶應義塾中等部

・慶應義塾高等学校

・慶應義塾大学経済学部に入学後2ヶ月で退学

・マサチューセッツ州アンドーバーでサマースクールに通う

・コネチカット州のボーディングスクール、サフィールドアカデミー

・ワシントンD.C.のジョージタウン大学  比較政治学専攻

・ポーランド中央計画統計大学(現在のワルシャワ経済大学)に交換留学

・ジョージタウン大学卒業

河野太郎大臣の学歴すごいですね。これだけアメリカでの経験が長くければ、英語が普通に話せるのも頷けますよね。

その英語力が高い様子が分かる動画を見ていきましょう!

河野太郎大臣の英語力が分かる動画!

こちらがその動画。英語力高いですね。

さらに英語でのインタビュー動画。

そして河野太郎大臣と言えば、Twitterがめちゃくちゃ面白いですよね。ツイッターの面白さについてはこちらをどうぞ!

>>>>河野太郎の面白いツイッターまとめ!エゴサ、時計、恋愛相談のエピソードも

まとめ

岸田文雄議員、小泉進次郎大臣、河野太郎大臣の英語力について動画をまとめました!

英語力を単純に比較すると、河野太郎大臣が頭抜けて高いように感じますね。

アメリカでの経験の長さからしても河野太郎大臣が最も長いので当然と言えば当然かもしれせんが。

いずれにせよ、国の中枢の方々が英語を普通に話せるというのは良いことですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です