アーチェリー長谷川貴大はなぜ他人の弓具に触った?予想される理由は?

長谷川貴大 弓具 辞退 動機 理由 なぜ

アーチェリーのパラリンピック日本代表の長谷川貴大が他人の弓具に触って、コンプライアンス上の理由から、パラリンピックを辞退するという報道がありました。

この報道を見てみると、アーチェーリーや弓道を知らない人には2つの疑問が生じると思います。

アーチェリー日本代表の長谷川貴大のパラリンピック辞退の謎

・他人の弓具に触ることが重大なコンプライアンス違反になる理由

・なぜコンプラ違反を分かっていて触ったのか?

この2点に関してまとめました!

アーチェリーや弓道において、他人の弓具に触ってはいけない理由はなぜ?

まずは、そもそもルールとして決められている、他人の弓具に触ってはいけない理由についてみていきます。

弓具は繊細な道具のため触ってはいけない

照準器(サイト)やプランジャーという器具は半回転ねじったたけで大きく当たりがずれるほど繊細なものであり、命中率がすぐに変わってしまいます。

そのため、アーチャーは、繊細な調整をしていますので、他人に触られるなんてあり得ないことになります。

そのため、全日本アーチェリー連盟の規程・ガイドラインにも明記されています。

第9章 競技者のエチケット(禁忌行為)
   第13節 許可なく他人の弓具に触れてはならない。
引用元:全日本アーチェリー連盟

経験者のコメントは次のとおり。

・アーチェリーの経験者からすると、他人の弓具を触らないのは当たり前の常識となっています。

・アーチャーとしては常識的な事、もうコンプライアンスなんて言葉が無かった何十年も前からのマナーだよ。

・大きな大会とかになると見慣れない装備とか見かける事はあっても近寄って「見る」だけ、触るなんて言語道断な話。

・プランジャーとかサイトを1回転くらい回されたくらいじゃすぐには気付かないけど、間違いなく10点が9点にはなるな。アーチェリーやってる人ならわかるはず

コロナの観点から他人のものにそもそも触るとかありえない

時世的にコロナで触られることに関してのリスクが高まる中で、嫌すぎると言う観点もあります。

和弓とちがい、洋弓は照準合わせる時、糸(ストリング)をびっちり唇に付けるから、他人が触ったと知ったら大問題。

他人のものに触れる問題といえば、他人の金メダルを口に入れる行為が問題になりましたよね。

>>>河村たかし市長の奥さんや息子はどんな人?家族構成まとめ【画像】

そもそも弓道に限らず他人のものは勝手に触らない

妙に説得力があるのが、「そもそも人のものには触らないよね。」という理由。

普通の職場でも同僚の仕事道具は触らないよね。

確かに、アーチェリーの規約って言うと難しい気もしますが、そもそも人のものを勝手に触っちゃダメですよね。

弓道は、精神性も重んじるスポーツですので、マナーという観点からも余計にアウトですね。

スポンサーリンク




パラリンピック・アーチェリー日本代表の長谷川貴大はなぜ他人の弓具に触ったのか?

パラリンピック・アーチェリー日本代表の長谷川貴大選手が、他人の弓具に触ってパラリンピックを辞退したという第一報には、動機が報じられていませんでした。

そもそもなぜ触ったのか?

ということですよね。

他人の弓具に触った予想をまとめると次の通りです。

パラリンピック・アーチェリー日本代表の長谷川貴大が他人の弓具に触った動機の予想

・悪意がある細工をしたんだろう・・・

大勢動機に関して予想をしていますが、要点をまとめるとこの一点に集約されそうです。

前述の通り、間違って触ったなんてことがあり得ないほど、他人の弓具に触ることは常識的にあり得ないことでした。

それをわざわざ触るということは、悪意があったんだろうということですね。

仮に弁明の余地があるのであれば、処分決定が下される前に、自ら辞退することはないだろうという見解もあります。

やはり辞退したということは、悪意を認めたということではないかということですね。

実際のところどうなのか、釈明会見を開いて欲しいという声も多いです。

パラリピックアーチェリー日本代表の長谷川貴大選手のプロフィール

  • 名前:長谷川 貴大
  • 読み方:はせがわ たかひろ
  • 生年月日:1989年6月27日
  • 年齢:32歳(2021年8月21日現在)
  • 身長:178cm
  • 体重:78kg
  • 所属:日本テレビ

今後、釈明会見が開かれるのか、本当の動機が公表されるのか注目ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です