笹生優花の父母の国籍と兄弟は?家族構成や出身高校など生い立ちまとめ!

笹生優花 家族

2019年11月にプロテスト合格したばかりで、プロ2戦目にして見事にNEC軽井沢72ゴルフトーナメントにて初優勝を果たしている期待の超新の笹生優花(さそう ゆうか)さん。

若干19歳にして次々と見事な結果を残す笹生優花さんですが、日本とフィリピンの国籍を持っていると必ず話題になりますので、ご存知の方も多いはず。

では、父親と母親の国籍。また笹生優花さんに兄弟姉妹はいるのかどうか?

19歳にして、数々の結果を出す笹生優花さんはどういう生い立ちでどういう高校を卒業しているのか?

こちらでは、笹生優花さんの家族構成や生い立ちについてまとめていきます!

笹生優花の国籍は、フィリピンと日本!では父母の国籍は?

笹生優花さんは、フィリピン人と日本人のハーフで、国籍はフィリピンと日本の二重国籍となっています。

その為、東京オリンピックには、フィリピン国籍から出場する見込みとなっています。

では、父親と母親の国籍はというと、父親が日本人で母親がフィリピン人です。

フィリピンで生まれて幼少期を、フィリピンで過ごしています。

笹生優花に兄弟・姉妹は居る?家族構成まとめ!

では、続いて笹生優花さんの家族構成をまとめていきます。

笹生優花さんの兄弟姉妹はと言うと、妹と3人の弟がいます。

笹生優花さんの家族構成は、父母と長女の笹生優花さん、妹と3人の弟の7人家族です。

笹生優花の家族構成
父・・・日本人

母・・・フィリピン人

笹生優花・・・長女

妹・・・1歳下

弟・・・3歳下




笹生優花さんがゴルフを始めたのは、8歳の時に父親からの勧めで妹と弟の3人で始めました。

その時には、3人の中で一番下手だったと笹生優花さんは言っています。

ですが、その後、「宮里藍さんのようなプロゴルファーになる」と誓い、小学3年時に、笹生優花さんが単身で母の実家のフィリピンへ移住しています。

もともとフィリピンで生まれ育っているとは言え、小学校3年生にして凄い決断ですね!

笹生優花は生い立ちと出身高校

笹生優花さんの生い立ちをまとめていきます。

笹生優花さんの生年月日は、2001年6月20日の19歳。(2020年8月現在)

フィリピンで生まれて、そのままフィリピンで幼少期を過ごし、5歳の時に日本に移住してきています。

子供の頃からフィリピンで育ったため、来日当初は日本語が分からず友達がなかなかできなかったと言います。そんな中、父親とゴルフの練習場へ通いゴルフにのめり込んでいきます。

そして、8歳の時まで日本で過ごしていますが、ゴルフの練習環境が日本よりも良いため8歳のときに再びフィリピンに戻っています。

父親は日本で生活していたため、笹生優花さんのゴルフの練習の為にフィリピンに通うという日々を過ごしていたと言います。

笹生優花さんの持ち前の「飛距離」に関しては、子供の頃から下半身の強化の為の努力をしていて、スクワットトレやボクシングのミット打ち、野球の守備練習などで足腰とフットワークの強化の賜物だと言います。

笹生優花は日本語・フィリピン語・英語のトリリンガル!

笹生優花さんは、日本とフィリピンの両国で育った19歳は日本語、フィリピン語、英語を話すトリリンガルです。

日本とフィリピンのハーフだけたって、バイリンガルなら、まぁそうだよねと思うところですが、笹生優花さんは日本語、フィリピン語に加えて、英語も話せる鳥リガルです。

さらには、韓国語とタイ語も「少しだけ」話せると言います。

子供の世界で活躍したいという夢があるだけに、語学においても努力の背景が見受けられますね。

余談ですが、トリリンガル以上はなんと言うのかというと、

4ヶ国語は、クァドリンガル。

5ヶ国語は、ペンタリンガル。

とは言え複数言語話せるということで、マルチリンガルということが多いようですね。

笹生優花は、代々木高等学校卒

笹生優花さんの出身高校は、三重県志摩市の賢島(かしこじま)に本校がある広域通信制の代々木高等学校です。

代々木高等学校には、アスリートゴルフコースというコースがあり、笹生優花さんはもちろんアスリートゴルフコースを卒業しています。

在学中の高校3年生の時に、プロテストに合格していたため、その内容が代々木高等学校の公式ホームページにも記載されています。

代々木高校 アスリートゴルフコース所属3年の笹生優花(さそう ゆうか)さんが、2019年11月5日(火)~8日(金)に行われたLPGA最終プロテストにて、18位タイという成績を収め見事プロテスト合格を果たしました。
引用:代々木高等学校公式HP

通信高校ですので、スクーリングがあり、その出席の為に、志摩市に宿泊すると、「賢島カンツリークラブ」で練習に励んでいたというエピソードがあります。

高校2年生の時には、インドネシアジャカルタで開催された「第18回アジア競技大会」ゴルフ競技で、フィリピン代表選手として出場し、13アンダーでラウンド、個人で優勝し、フィリピンチームにも金メダルをもたらしています。

高校生の時から数々の大会で成績を残しているのは圧巻ですね!

【プロフィール】笹生優花の読み方は?

最後に笹生優花さんのプロフィールをまとめておきます。

名前の読み方が難しいですが、笹生優花の読み方は、「さそうゆうか」です。

  • 名前:笹生優花(さそうゆうか)/Yuka Saso
  • 生年月日:2001年6月20日
  • 年齢:19歳(2020年8月27日現在)
  • 身長:164cm
  • 出身地:フィリピン生まれ、東京都出身
  • 趣味:ピアノ

まとめ

笹生優花さんの家族や生い立ち、出身高校についてまとめました。

プロとしての初優勝の時の服装が、赤のシャツの黒のズボン、そしてパワフルなプレーは、タイガーウッズを連想させると話題になっていました。

東京オリンピックは、フィリピン代表としての参加となりそうですが、今後日本人プレイヤーとしての活躍も視野に入っているとのこと。

目標は世界一というだけあり、今後の活躍に注目ですっ!

笹生優花さんのクラブセッティングについてまとめました!

各クラブの解説動画や笹生優花さん本人による解説もありますので併せてチェックしてくださいっ!

>>>笹生優花のクラブセッティング!本人の解説&スイング動画まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です