柵山正樹の年収と経歴・学歴(大学高校)妻や家族構成は?

柵山正樹 年収 経歴 学歴 妻 家族

三菱電機の柵山正樹会長が辞任という報道がありました。

三菱電機の会長ともなると年間の報酬はどのぐらいあるものなのでしょうか。

またどんな学歴や経歴で会長になるのかも気になるところですよね。

こちらでは、柵山正樹元会長の年収・経歴・学歴とさらには家族についてまとめました!

三菱電機・柵山正樹元会長の年収は?

柵山正樹元会長の年収でわかっているのは、2016年の社長の時の年収で、2億6000万円

三菱電機は、常務、専務で1億2000万円~1億4000万円台という報酬額でした。

社長の時で、2.6億円ということですので、会長になってからはもっと年収が高かったのかもしれません。

普通にサラリーマンとして入社して、この年収となると、ドラマの中の出世競争をイメージしてしまいますが、出世競争に勝ち上がるだけの夢はあるなと思えますね。

そんな柵山正樹元会長の学歴と経歴を見ていきましょう!

三菱電機・柵山正樹元会長の学歴!

三菱電機の柵山正樹元会長は、1952年に兵庫県で生まれています。

関西の名門中の名門の灘高校を卒業しています。

そして東京大学に進学して、24歳の時の1976年3月に東京大学大学院工学系研究科修士課程を修了

その後博士課程まで進学しますが、1977年3月同博士課程を中退して三菱電機に入社しています。

柵山正樹元会長の学歴

・1952年 兵庫県生まれ

・1970年3月 灘高校卒業

・1976年3月 東京大学大学院工学系研究科修士課程を修了

・1977年3月 東京大学大学院工学系研究科博士課程を中退

三菱電機・柵山正樹元会長の経歴!

東京大学の博士課程を中退後は三菱電機に入社しています。

入社の時は技術者としてのスタートだったとのこと。

電力・産業システム部門にて長い間仕事をしており、電力・産業システム事業本部副事業本部長、電力システム製作所長を経て、2008年に常務執行役員となり、役員側に出世しています。

柵山正樹元会長の経歴

1977年 4月 入社
2008年 4月 常務執行役、電力・産業システム事業担当
2010年 4月 専務執行役、経営企画・関係会社担当
2010年 6月 取締役、指名委員、専務執行役、経営企画・関係会社担当
2012年 4月 取締役、指名委員、代表執行役、執行役副社長、半導体・デバイス事業担当
2012年 6月 代表執行役、執行役副社長、半導体・デバイス事業担当
2014年 4月 代表執行役、執行役社長
2014年 6月 取締役、代表執行役、執行役社長
2018年 4月 取締役会長
2021年 10月 取締役会長退任、経団連副会長辞任

スポンサーリンク




柵山正樹元会長に妻はどんな人?家族に息子や娘はいる?

柵山正樹元会長が三菱電機に入社したのは、博士課程を中退後なので、25歳頃ですが、三菱電機入社した年の10月には結婚しています。

若くして結婚されているんですね。

奥様とは、共通の趣味をたくさん持っていたようで、休日に一緒にテニスをしたり、ゴルフをしたりと仲が良い様子です。

柵山正樹元会長に子供いるかについてですが、息子や娘の情報を探しても見つかりません。

表だって公表していないのか、子供はいないのかどちらかですね。

家族構成でわかっているのは、妻が居るということだけになります。

柵山正樹元会長のプロフィール

柵山正樹会長 年収 経歴
出典:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA056J50V00C21A7000000/

  • 名前:柵山正樹
  • 読み方:さくやままさき
  • 生年月日:1952年
  • 年齢:69歳
  • 出身地:兵庫県
  • 趣味:ゴルフ

まとめ

三菱電機元会長の経歴や学歴、年収についてと家族の情報についてまとめました!

大学卒業後から三菱電機一筋で活躍されてきていますが、最後の最後で引責辞任されるというのも残念ではありますね。

もともと技術者だっただけに感じるところは多いのかもしれません。

とは言え、毎年数億円以上の報酬があったわけですので、老後の心配はいらなそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です