木島徹也の肘打ち理由「極めて当然の戦術的な会話」の意味は??

木島徹也 極めて当然の戦術的な会話

木島徹也さんがエルボーをした件で、肘打ちした経緯と処分が、いよいよ発表されました。

その中で、肘打ちした理由は、【キックオフ前の相手選手との「極めて当然の戦術的な会話」に過剰反応し、肘を出してしまった】ということでした。

ですが、カッとなって肘を出してしまうほどの、「極めて当然の戦術的な会話」ってなんでしょう?

その意味を探ってみたいと思います。

「極めて当然の戦術的な会話」の意味が分からない人続出!

私もそうですが、ネット上にも「極めて当然の戦術的な会話」の意味が分からないという人が続出しています。

・しかし「キックオフ前の相手の極めて当然の戦術的な会話に過剰に反応し、肘が出てしまう結果となった」ってどんな会話だったんだろう気になる。

・極めて当然の戦術的な会話て、意味がわからない。

・極めて当然の戦術的な会話ってなんやねん

・選手本人の契約解除に加えてクラブ代表が引責辞任・・・

「キックオフ前の相手選手同士の極めて当然の戦術的な会話に過剰に反応し、肘が出てしまう結果となった」って まるで理解できない...

・極めて当然の戦術的な会話に過剰に反応でキックオフからランニングエルボーってもう理解不能

明確な回答はやはりでてこないので、というか、たぶん誰も分からないので、予想されている声をまとめてみます。

木島徹也の「極めて当然の戦術的な会話」の意味は?

極めて当然の戦術的な会話」の意味には、次のようなものがありました。

この他にも、『戦術的な会話』をより具体的な会話でイメージしている内容を見てみると、

~番は怖くないから軽めで
「~番きっちり抑えて!」

「こんなん余裕っすよw」

というように、あくまで、マークなどの戦術上の会話だけどイラつく表現が混ざっていたという意味と考えられそうです。

スポンサーリンク




まとめ

木島徹也さんがエルボーをした理由の「極めて戦術的な会話」について想像される意味をまとめました。

エルボーした理由を分かりやすくシンプルにまとめると、「相手が言っていることが気に食わなかったので、肘打ちした」ということですね。

なんとも言えない結末です。木島徹也のエルボー動画!なぜ肘打ちした?ラフプレーや評判まとめ!

実際のエルボーの動画や、過去の木島徹也さんの評判は下記コンテンツにまとめていますので合わせてどうぞ!

>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です