24時間募金ランの仕組みとメンバーは誰?高橋尚子の募金総額はいくらになる?

24時間募金ラン 仕組み

2020年の24時間テレビのマラソンは、コロナの影響で中止ではないかとされていましたが、高橋尚子さんの名案によって、「24時間募金ラン」という新企画で開催されることが発表されました!

新しい企画だけに、「仕組みがちょっとよく分からない」、「24時間募金ランを走るメンバーは誰なのか?」という内容を整理して分かりやすくまとめます。

5km走るごとに10万円募金ということですが、実際のところどれぐらいの距離を走れていくらぐらいの募金総額になるのか?計算してみました。

24時間募金ランの仕組みは?【2020年24時間テレビのマラソン】

まずは、24時間募金ランの仕組みをまとめていきます。

2020年8月16日放送の「行列のできる法律相談所」で発表された内容をまとめると次のようになります。

24時間募金ランの仕組み

①走る時間:20時間(深夜帯を除く)

②走るメンバー:6人(高橋尚子さん含む)

③ランニングコース:私有地(一般人が入らない場所)

④募金ルール:1周(5km)走るごとに10万円の募金

⑤お金の出処:走る人のポケットマネー(チャリティーランです。)

さらに、ランナーの募集要項から確認できる情報を追加すると次のとおり。

24時間募金ランのルール

⑥自ら目標距離を定める。

という内容になります。

走れば走るだけ募金額も増えていくわけですし、強制力はなくあくまで自分で決めた目標にそってチャリティーしてね!ということでしょう。

【追記】

24時間テレビの本番では、条件が変わってきました。

MEMO

高橋尚子さんは、単独で100kmを目指す。

5人のメンバーは110kmをタスキでつなぐ。

つまり募金総額で言うと、

高橋尚子さんは、最大200万円

5人のメンバー合計で最大220万円。

合計420万円がマックスの募金額となりそうですね。

24時間募金ランの「チームQ」のメンバーは誰?

24時間募金ランのメンバーについては当日に発表とされています。

2020年8月16日の時点での情報としては次のとおり。

24時間募金ランの「チームQ」のメンバー
・高橋尚子

・一人は女優

・一人は「立候補ランナー」を募集。(ただし著名人か事務所に所属しているアスリートの方)

・賛同している高橋尚子さんが声をかけた3名

合計6人の陣容での募金ランとなりそうです。

ただし、表現として、「私(高橋尚子)からすでに数人、声をかけさせて戴いています。」「今賛同してくれる方が4人いる。うち一人は女優」という発表でしたので、今後、高橋尚子さんが声をかけた人で賛同者が出れば増える可能性はあるのかもしれません。

なお1名の「立候補ランナー」については、日常的に運動をしていて走ることに意欲と自信のある方。著名人かアスリートで事務所に所属している方ということで、ガチのランナーが選ばれるのではないかと思われます。

当日の発表が楽しみですね!!

【追記】最終メンバーの高橋尚子さんの大親友は野口みずき!

募集メンバーの中からは、「りんごちゃん」が決定されるも、半月板損傷が判明しさらに血液検査の結果から、ドクターストップがかかってしまい、高橋尚子さんとチームQの5名で走ることになりました。

残り5名は、放送中に続々登場となっています。

いよいよ全員発表されました!

チームQのメンバー

「女優」・・・土屋太鳳

「金メダリスト」・・・吉田沙保里

「有名キャスター」・・・陣内貴美子

「金メダリスト」・・・松本薫

「大親友」・・・野口みずき

スポンサーリンク




24時間募金ランで高橋尚子やメンバーの募金総額はいくらになるのか計算してみる

募金の仕組みは、1周(5km)走るごとに10万円の募金です。

つまり走れば走るだけ募金額は増える仕組みになっているわけですが、いったいどれぐらい走れるもので、募金総額はいくらぐらいになるものなのでしょうか?

予想での概算ですが、計算してみたいと思います。

まず、24時間募金ランの実施時間は約20時間と制限時間があります。

この20時間を6人で走るわけですが、昨年の24時間テレビのマラソンのように駅伝方式で順番に走るのか?それとも一斉に走るのかははっきりとは発表されていません。

追記

高橋尚子さんは走り続け、チームQの5名のメンバーは110kmをタスキでつなぐルールと発表されました。

ですが、過去の過酷な24時間耐久チャリティーマラソンを考えると、深夜帯のおやすみの時間も設けられていますし20時間一斉に6人が走るという設定なのかなと予想してみます。

つまり、20時間で何キロ走れるかということを見ていきます。

過去の24時間テレビを見てみると、走行距離はその年によって違うのですが、100km前後を24時間かけて走るというもの。

仮に100kmを24時間で走るとすると、5kmあたりのタイムは、約72分。

今回走るのは、元金メダリストの高橋尚子さんはじめ、募集枠の方も運動に自信がある方を集めています。

それを考えるともっと早くても良いのではないかと思われます。

ちなみに、5kmあたり一般ランナーはどれぐらいの速さで走るのかと言うと、一般ランナーの5kmマラソンでの平均タイムとして次のようなデータがあります。

男性:28分36秒

女性:34分54秒

引用元:https://runnal.com/9684

これはあくまで、5kmでゴールの場合の速度なので、かなり早いペースですね。

20時間耐久となると、これよりも遅くて良いはずです。

ちなみに、高橋尚子さんが、現役時代のフルマラソンでの5kmのラップタイムは16分台です。とは言え、シドニーオリンピックから20年立っていますし、高橋尚子さんは現在48歳になっていますので・・・

また高橋尚子さんは、肉離れをおこして、1周間で調整して当日にのぞむとのこと。

これらを加味して、1周5kmを60分で走ると仮定しますと、20時間走った場合は20周で合計100km。そうなると、例年の24時間マラソンを20時間で走るというのと同等ということになるでしょうか。

高橋尚子さんですし、もっと走れそうな気もしますが、参考までに考えてもらえれば幸いです。

このペースで考えてみると募金総額は、10万円の20周ということですので、200万円ということになります。

6人全員が、これだけ走るとなると募金総額は1200万円ということになりそうですね。

【追記】募金額の最終結果と走行距離

24時間テレビの募金ランを終了して、最終的な走行距離と募金額をまとめておきます!

走行距離と募金総額結果

高橋さんは116km・・・募金額230万円(115km分)

土屋太鳳さん30km・・・募金額60万円

吉田沙保里さん25km・・・募金額50万円

陣内貴美子さん10km・・・募金額20万円

松本薫さん15km・・・・募金額30万円

野口みずきさん40km・・・募金額80万円

合計募金額総額・・・・470万円

まとめ

2020年の24時間テレビの高橋尚子さん提案の新企画「24時間募金ラン」の仕組みとメンバー、募金総額についてまとめました。

高橋尚子さんの新企画に募金が絡むというのは単純に見ていても面白いのではないかと思いますし、初めてのことなので新鮮で楽しそうですね!

2020年の24時間テレビ43は、8月22日18:30~23日20:54です。

当日のメンバー発表をまずは楽しみに待ちたいと思いますっ!!

1周5kmのランニングコースの場所がほぼほぼ特定されました!

>>>24時間テレビ募金ランの私有地の場所は日産追浜工場のテストコース?

今年の24時間テレビのTシャツをデザインしているのは小松美羽さん。

美しすぎる画家として有名な方です。

>>>小松美羽の家族構成は兄と妹と父母!生い立ちと宗教まとめ!

第一走者の土屋太鳳さん。

かわいいランニングウェアで、ときおり光るネックレスも話題になりました。ブランドと価格をまとめました!

>>>24時間テレビの土屋太鳳のネックレスとランニングウェアのブランドは?

この他、2020年の24時間テレビの総まとめページをつくりました。あわせてご覧くださいっ!

24時間TV 2020 まとめ【24時間テレビ2020】募金ラン・ロケ地に衣装・総まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です