小松原尊(ティム・コレト)はハーフ?日本語は上手い?

ティム・コレト 小松原尊 国籍 日本語 ハーフ

今回は最近日本国籍を取得し、日本代表選手としてアイスダンス国際大会に出場している小松原尊(ティム・コレト)選手について調べてみました。

いつ日本国籍になったのか?

どちらが本名になるのか? 等、気になるところが多い選手ですね。

また、ハーフなのか? そうでないのか? も記載しておりますので一緒に小松原選手について改めて見ていきましょう!

小松原尊はハーフ?帰化前の国籍は?

結論から言うとハーフではありません。

小松原選手は元々アメリカ合衆国出身のアメリカ人です。

アメリカ国籍だった際に使用していた名前がティム・コレトです。

しかし、2020年11月19日に日本国籍を取得し小松原尊(こまつばらたける)と言う日本名で帰化しております。

オリンピックに日本の選手として出場するために必要だったようです。

小松原尊の本名と日本名の由来は?

日刊スポーツでも取り上げられていたのですが、小松原尊と言う名前は「日本武尊」の「尊(たける)」からとったものだそうです。

名付け親は妻である小松原美里選手の母親が考案したそうです。

小松原尊選手も気に入った様子で話されていました。

スポンサーリンク




小松原尊(ティム・コレト)は日本語は上手い?

このインタビュー動画は2020年に全日本フィギュアアイスダンスで3連覇をした際撮られたものです。

この動画を見る限り小松原尊選手は日本語がとても堪能なイメージでした。

またTwitter等のプロフィールは英語で記載しておりますが、発信は英語ももちろんありますが、日本語でも発信しているため、日本語については不自由なく操れるようでした。

日本語で発信している公式Twitterがこちら!

日本語は話せますが、気持ちの表現など繊細なところはやはり英語のようですね!

Twitterで発信している言葉の選び方もとても謙虚な人なんだなーと思いますし、ますます応援したくなりますね。

まとめ

今回は小松原尊(ティム・コレト)選手について記載してきました。

小松原尊選手は日本国籍を取得済みですが、国際試合に関してはティム・コレトで登録していると言う発言もあります。

そのため、テレビなどでの表記がティム・コレトのまま使用しているところもあるようです。

今回この記事を通し小松原尊選手にさらに興味を持たれた方はTwitterやInstagramも覗いてみてくださいね!

今後、改めて日本代表選手となり再出発した小松原美里・尊選手のアイスダンスがどのように進化していくのか注目ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です