鈴木大地(水泳/千葉県知事候補)の大学や高校中学の学歴と経歴!

鈴木大地 学歴 経歴 水泳

鈴木大地元スポーツ庁長官が千葉県知事選挙に出馬が濃厚となってきました。

鈴木大地さんと言えば、水泳の背泳ぎでの金メダリスト。

1988年ソウルオリンピック100m背泳ぎで金メダルを獲得し引退後は、指導者となり、スポーツ庁長官、そして政治家の道へ。

こちらでは、鈴木大地さんの経歴や大学・高校・中学の学歴についてまとめていきます!

鈴木大地(水泳・千葉県知事候補予定)のプロフィール

  • 名前:鈴木大地
  • 生年月日:1967年3月10日
  • 年齢:53歳(2020年10月1日現在)
  • 身長:180 cm
  • 出身地:千葉県
  • 肩書:初代スポーツ庁長官(2020年9月30日任期満了にて退職)
  • 職業:文部科学省顧問(2020年10月1日~)
  • 公式Instagram:@suzukidaichi55
  • 公式Twitter:@daichi55

スポーツ庁長官を任期満了にて退職して、文部科学省顧問の任命を受けています!

鈴木大地(水泳/千葉県知事候補)の学歴!

鈴木大地さんの学歴を最終学歴から順にまとめていきます!

鈴木大地さんは、大学の在学中にオリンピックで金メダルを獲得。

そして、大学院に進学しており、大学院卒業前に水泳を引退しています。

鈴木大地の最終学歴は、順天堂大学大学院体育学専攻を修了

1989年に順天堂大学卒業後、大学院体育学研究科体育学専攻に進学しています。

そして、在学中の1992年4月に水泳の現役を引退。

その後、1993年には、順天堂大学大学院体育学専攻を修了

翌年1994年からコロラド大学ボルダー校にて客員研究員として渡米しています。

順天堂大学体育学部体育学科卒業

大学は、順天堂大学体育学部体育学科

1985年に順天堂大学体育学部体育学科へ入学。

大学在学中に、ソウルオリンピックでの金メダルをはじめ数々の成績を残しています。

金メダル

・1988 ソウルオリンピック 男子 100m背泳ぎ

・1987 ユニバーシアード ザグレブ 男子 100m背泳ぎ、男子 200m背泳ぎ

・1986 ソウルアジア競技大会 男子 100m背泳ぎ、男子 400mメドレーリレー

鈴木大地は千葉県の船橋市立船橋高等学校出身!

鈴木大地さんの高校は、出身地千葉県の船橋市立船橋高等学校です。

なんと、保健体育の先生が、小出義雄監督だったというのが驚きです。マラソン金メダリストの高橋尚子さんともオリンピック終了後に小出義雄監督との繋がりで食事をしたというエピソードもあります。

鈴木大地さんが初のオリンピックに出場したのは、高校3年生のロサンゼルスオリンピック。

結果は、100m背泳ぎ11位、200m背泳ぎ16位、400mメドレーリレーは決勝で失格という結果でした。2度めのオリンピックの挑戦で金メダルだったんですね。

鈴木大地の出身中学は、習志野市立第二中学校

出身中学は、千葉県の習志野市立第二中学校

中学時代は、ただただ水泳を楽しむという感じで、レースをしているという感覚ではなかったといいます。

とは言え、北京オリンピックの競泳代表ヘッドコーチの鈴木陽二さんに指導を受けるなど、実力を磨いているのも伺えます。そして全国大会にも出場しています。

鈴木大地さんが水泳をはじめたのは、小学2年生の時に千葉の地元のスイミングスクール。そして、全国SC大会にて100メートル背泳ぎで銀メダルを獲得するという成績を残しています。

スポンサーリンク




鈴木大地の経歴!水泳時代~千葉県知事候補まで!

続いて、鈴木大地さんの経歴をまとめていきます。

水泳選手時代から、スポーツ庁長官時代まで順にまとめていきます!

オリンピック金メダリスト鈴木大地の水泳選手時代の成績!

まずは、水泳選手時代の成績をまとめておきます。

鈴木大地の水泳の主な成績

(小学生時代)
・全国SC大会 100メートル背泳ぎ 銀メダル 
(中学生時代)
・全国大会出場

(高校生時代)
・インターハイ 3位 
・オリンピック 100m背泳ぎ11位、200m背泳ぎ16位

(大学生時代)
・ソウルオリンピック 100m背泳ぎ 金メダル
・ユニバーシアード ザグレブ  100m背泳ぎ 金メダル 、200m背泳ぎ 金メダル
・ソウルアジア競技大会 100m背泳ぎ 金メダル、 400mメドレーリレー 金メダル
・パンパシフィック水泳選手権 100m背泳ぎ 銀メダル

鈴木大地は水泳選手の引退後は指導者として活躍!

大学院の時に水泳を引退して、その後は大学での指導者の道に進みます。

大学院卒業後は、アメリカに渡り、コロラド大学ボルダー校にて客員研究員、そして、日本オリンピック委員会から派遣される形でハーバード大学水泳部のゲストコーチを務めています。

帰国後は、母校の順天堂大学講師および水泳部監督をつとめ、後に教授に就任しています。

さらに、順天堂大学医学部より健康関連イベント参加者の生活習慣と健康状態に関する研究をテーマにした分析で博士号を取得し、医学博士となっています。

スポーツ選手でありながら、医学博士というのもかなり凄いですね!

鈴木大地スポーツ庁長官時代!

2015年には、スポーツ庁長官、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事に就任しています。

スポーツ庁長官の時の活動はTwitterやインスタにかなりアップされており、さまざまなスポーツの現場に足を運んでいたのが分かります。

また、ラグビーワールドカップもありましたが、鈴木大地さんの父親も息子もラグビーをしていたという経緯もあり思い入れも強かったのではないでしょうか。

スポーツ庁長官退官後は千葉県知事選挙に立候補の方向で調整中

スポーツ庁長官の任期は5年。

就任が5年前の2015年でちょうど5年間たった2020年9月30日に任期満了の為、スポーツ庁長官は室伏広治さんに変わり、鈴木大地さんは退職となりました。

新型コロナウイルスがなければ、ちょうど東京オリンピック、パラリンピックも終了しての任期満了ということだったんですね。それを思うと残念な気持ちもあるのでしょうか。

そして、スポーツ庁長官の翌日には、千葉県知事に立候補する方向性が報道されました。

ただし、本決まりではなく、まだまだ調整は必要のようですが。

鈴木大地さんにとって千葉県は地元ですので、地元での政治家としての手腕に期待できそうですね!

まとめ

以上、元スポーツ庁長官であり、元水泳の金メダリストの鈴木大地さんの学歴と経歴、また千葉県知事への出馬についてまとめました!

千葉県知事選挙の予定は、現職の任期2021年4月4日の任期満了前30日以内です。

千葉県知事選挙には、現在の千葉市長の熊谷俊人市長も立候補の意欲を表しています。

熊谷俊人市長といえば、31歳5ヶ月での市長就任しており、現職での最年少の市長で話題となっていました。現在でも政令指定都市の市長としては最年少であり、コロナ対応でもその手腕が評価された市長です。

それだけに、鈴木大地さんが千葉県知事に立候補するとなると、千葉県知事選挙にかなり注目が集まりそうですね。

熊谷俊人千葉市長の経歴は下記コンテンツにまとめていますのであわせてご確認くださいっ!

熊谷俊人千葉市長が有能でイケメン!評判や実績、学歴・経歴まとめ!

また、鈴木大地さんの家族や離婚した元妻については下記コンテンツにまとめていますので併せてチェックしてくださいっ!

>>>鈴木大地(水泳)の家族構成は妻と子供2人!元嫁との子供は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です