清水香帆は演技下手?エールの関内音(子役)が泣けると評判!

清水香帆 演技 

朝ドラエールで二階堂ふみさん演じる古山音の子供時代を演じている清水香帆さん。

演技は下手なのか上手いのか注目が集まりますね。

結論から言うと「非常に上手い!」しかも「エールの演技は泣ける!」と思うのですが、さまざまな声もあるようです。

こちらでは、清水香帆さんの演技が上手いのか下手なのか?

まとめていきます!

清水香帆の演技は下手?それとも上手い?

清水香帆さんが演じているのは、二階堂ふみさん演じる、古山音の子供時代、関内音を演じています。

主役の子供時代とあって、目立つポジションとなるだけに、その演技の上手い下手は注目されますよね。

上手い意見、下手という意見それぞれありますので、それぞれ見ていきましょう!

下手という声

まずは下手という声。

セリフが棒読みという声がありますね。

たしかに、ザ・子役的な演技が下手と見えることはあるかもれませんね。特に子役同士のお芝居となると棒読みの感じが目立つ気がします。

上手いという声

次に上手いという声。

演技にはセリフ意外にも目や表情での演技もありますよね。

目がキラキラしているというのも演技の魅力の一つです。

オーラも存在感も役者には重要なファクターですね。

演技に関しても、自然な演技との評価もあります。

清水香帆のドラマエール関内音役での演技が泣けると好評!

朝ドラ「エール」での清水香帆さんの演技は泣けるという声が多いですね。

初回放送でも、再放送でみても泣けるという声も。

9話の娘3人と母親で父親を悲しむシーンはやはり泣けます。

音ちゃんが、少しずつ現実を受け止めて悲しみがこみ上げている表現をしている清水香帆さんの演技がとても上手いと個人的には思います。

一気に泣くわけではなくて、少しずつ悲しみが溢れ出る様子がよく演じられています。

そのシーンのラストカットで、目を閉じて涙が溢れるカットは本当に良い演技だなと感動します。

スポンサーリンク




清水香帆と二階堂ふみがそっくり!!

朝ドラ「エール」の公開前から二階堂ふみさんと、清水香帆さんが似ているというのは話題になっていましたが、こうやって並んでいるショットを見ると本当に似ていますね!

輪郭や笑顔の表情のしわの入り方とか、口角とか、見れば見るほどよく似ています。

子供時代の役として、これだけ似ていると感情移入しやすいですよね。

似ているというのも抜擢された理由の一つでしょうか?

清水香帆さんは、清水香帆さんは、朝ドラ「エール」の出演が決まる前から女優になりたいと言っていましたが、早くも実現しているわけです。

似ているという要素は運の話しではありますが、それもスターの持つ運なのかもしれないですね。

まとめ

清水香帆さんの演技が上手いか下手か?についてまとめてきました。

下手という声もありますが、清水香帆さんは、これまではモデルでの活動のみで朝ドラ「エール」が初のドラマ出演。

11歳の年齢で初めて出演した演技でこれだけ泣ける演技と存在感を放っているのは天才の気配を感じます。

そして、子役にして華がありますよね。

今後、ドラマや映画での女優業の活躍に期待が高まります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です