本橋菜子の中学高校の成績!早稲田大学時代から怪我に悩む苦労人

本橋菜子 中学 高校 早稲田大学 怪我

バスケ女子のオリンピック代表の本橋菜子選手

決勝戦を終えての涙ながらのインタビューは非常に印象的でした。

オリンピック前には怪我をして絶望的と言われながらも代表復帰して出場したオリンピック。

それだけに、最後のインタビューは感動的でした。

本橋菜子選手は、実は怪我に苦しむ経験は、オリンピック前が初めてではありません。大学時代にも怪我に苦しんだ苦労人です。

こちらでは、本橋菜子選手のバスケの経歴について、中学校・高校大学時代からの成績とともに紹介していきます!

本橋菜子の学歴と学生時代のバスケの実績をまとめ!

本橋菜子選手の学歴は次の通り。

本橋菜子選手の学歴!

朝霞市立朝霞第六小学校

志木市立志木中学校

明星学園高等学校

早稲田大学

それぞれの実績を見ていきます!

本橋菜子の小学校は朝霞市立朝霞第六小学校!

本橋菜子選手が、バスケをはじめたのは、小学校1年生の時、お姉さんと一緒に地元のクラブチームの朝霞台ユニオンズに入団したところからスタートします。

バスケを始めたきっかけは、二人の姉がバスケをしていた影響でした。

ミニバスのチームは特に強いチームではなく、目立った成績はないようです。

ミニバス時代の本橋菜子選手は、ディフェンスが好きでボールを奪ってパスをパスをつなげて点を取るプレーが好きだったとのこと。

ディフェンスが好きという小学生もなかなか珍しいような気もしますね。

町田瑠唯選手はドリブルが好きだったと言いますし、人それぞれ、最初に好きなるポイントは違うんだなぁと思うとともに、代表として活躍する中でも得意な内容として出てくるのかな〜と感心させられます。

本橋菜子の中学校は志木市立志木中学校

本橋菜子選手の中学校から強いチームでバスケがしたいとの思いで、地区で2番目に強かった志木市立志木中学校に進学します。

そこで厳しい練習をしながらバスケ漬けの日々を送ります。中学3年生においては、本橋菜子選手はキャプテンとして活躍しています。

そして、中学時代には、ミスが怖くて消極的になることがあったとのことで、その時に教わった、「逃げずに強い気持ちでゴールにアタックしろ」と言う指導は、今のプレースタイルに繋がっていると本橋菜子選手は語っています。

確かに、オリンピックのアメリカ戦で、アメリカに封じられて硬直してしまっている時に、本橋菜子選手が自ら積極的に点を取りに行ったプレーは凄かったですし、一筋の光をみたきがしましたね。

本橋菜子の高校は東京都の明星学園高等学校

目立った成績を残すのが、高校生の時。

本橋菜子選手が通った、明星学園高等学校は、バスケの名門校。

明星学園時代には、インターハイ全国3位の成績を残しています。

インターハイの準決勝で、負けて3位と言う結果でしたが、この時の対戦相手は、同じく、日本代表の宮沢夕貴をエースとした金沢総合高校でした。

高校生時代から約10年後に同じチームで、オリンピックでメダルを獲得すると言うのは感慨深いですよね!

本橋菜子は早稲田大学でインカレ優勝!

本橋菜子選手にとって、初の全国大会優勝となったのが、早稲田大学に進学してから。

3年生の時の全日本大学バスケットボール選手権大会(インターカレッジ)です。

3年生にしてレギュラーのポイントガードとして活躍しており、優秀選手賞とアシスト王を受賞しています。

さらには、関東大学女子バスケットボールリーグ戦で早稲田大学の初優勝の実績を残します。

そして、4年生にはキャプテンを務め、関東大学女子バスケットボールリーグ戦の連覇をはたしています。

大学卒業後は、現在も所属している東京羽田ヴィッキーズへ入団します。

スポンサーリンク




東京羽田ヴィッキーズ入団後の日本代表としての成績

東京羽田ヴィッキーズ入団の2年後の2018年には、日本代表選手に選出されて、代表として活躍を始めます。

代表としての活躍は目覚ましく、アジアカップでの優勝時には、MVP,得点王、アシスト王と圧倒的な成績を残しています。

本橋菜子選手の日本代表としての成績

2018 FIBAワールドカップ  全試合スターターとして活躍

2019 FIBAアジアカップ   優勝(MVP受賞、得点1位、アシスト数1位)

2020 FIBA東京2020オリンピック予選大会

2021 東京オリンピック  準優勝  銀メダル

本橋菜子は大学時代から怪我に悩む苦労人!

本橋菜子選手は、オリンピックの日本代表として選出されて、練習に励むなか、2020年11月、右膝前十字靱帯の怪我をおいます。

絶望的に思われるも手術を受けてリハビリに励んでいました。そして、2021年代表合宿開始時点では練習に参加できない状況でしたが、五輪直前の国際強化試合で試合復帰し、東京オリンピックに出場を果たしました。

決勝戦のアメリカ戦では、2本連続で3ポイントを決めたり、点が欲しい場面で自らカットインして点を取ったりと大活躍をしたのは感動的でした。

そんな怪我との戦いを乗り越えた本橋菜子選手ですが、早稲田大学生時代もオリンピック前と同じ内容の怪我で苦しんでいました。

キャプテンを任された大学4年生の時に、右膝前十字断裂の怪我をして手術をしたため、最後の大会にはなんとか間に合ったもののほとんどの試合に出ることができませんでした。

ですが、この怪我がきっかけで、「バスケができないと言うのは淋しいこと。」と思い、元々は大学卒業後は就職するつもりだったのが、プロとしてバスケをしていく決意に繋がったと言います。

怪我を前向きに捉えているところは学びが深いですね。

この大学生時代の怪我がきっかけで、バスケの道を進んでいる本橋菜子選手は次のように語っています。

(もし今、壁に当たっている人がいたら)「目の前のやるべきことを1つひとつやり続けてください」と伝えたいですね。壁に当たっても逃げないで努力を続けていれば思いがけないところでパッと道が拓けることもあります。これは私の実感です。
引用元:https://bbspirits.com/wleague/w19100101/2/

勇気をもらえる名言ですよね。

まとめ

本橋菜子選手の学歴とバスケットボール選手としての経歴や成績、また怪我についてまとめました。

本橋菜子選手のインタビューは、非常に感動しました。また、本橋菜子選手の公式twitterでもオリンピックのコメントを寄せています。

こちらもとても感動的ですので、ぜひチェックしてくださいね!

オリンピックの女子日本代表は本当に感動をもらえる素敵なチームですねっ!!!

オリンピックでベストファイブにも選ばれた町田瑠唯選手、銀メダルへ導いたトム・ホーバス監督については下記コンテンツでまとめています。合わせてご覧ください!

>>>女子バスケ日本代表13番は誰?町田瑠唯選手の中学高校時代の成績!

>>>トム・ホーバス監督(日本女子バスケコーチ)の日本語が上手い理由は?経歴や家族まとめ!

オリンピックをきっかけに、東京羽田ヴィッキーズの試合で本橋菜子選手の試合を見たいと言うかた、観戦方法や配信の視聴方法を下記コンテンツにまとめました。

>>>女子バスケWリーグはいつから?2021-2022の日程!無料配信も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です