同じ名前・同じ苗字の人が結婚すると困ることと解決策!

同じ名前 同じ苗字 結婚

日本では年間約60万組がビビッときて結婚しています。

夫婦別姓が認められていない為、基本的には結婚したらどちらかの姓を名乗らなければなりません。

そんな日本で同じ名前の男女が結婚したらどうなるのでしょう!?

また、結婚前から同じ名前・同じ苗字だったらどうでしょうか?

調べてみました!

同じ名前の男女が結婚すると困ることってあるの?

結婚画像

同じ名前の男女が結婚することは少なからずあるようです。

制度や法律で困ることは無いようですが、電話応対や夫婦で書類を記入する際に名前が異なる夫婦よりも確認を受けることが多くなると言う方が多いです。

また、同居人や共通の知り合いからの呼ばれ方も工夫が必要のようです。

同姓同名の夫婦のデメリットの解消方法!

結婚後、同姓同名になった場合は、周囲からの呼び名を変えてもらえれば問題ないと思います。

また夫婦で同じ書類に名前を記入する機会は結婚当初や出産や保険の契約などで日常的にはあまり多くない為、当人たちはあまりデメリットとは感じていないようです。

デメリットとしては自分たちよりも周囲からの戸惑いが多い為、時間による「慣れ」が一番の解消理由になると思います。

日常生活に差支えが出る程に困った場合は、裁判所に相談して正当な理由があれば改名を検討することもできます。

スポンサーリンク




同じ苗字の人が結婚すると困ることはある?

結婚 画像

世の中には同じ苗字の人、例えば日本で一番多い苗字の佐藤さん(夫)と佐藤さん(妻)が結婚することもあると思います。

苗字が同じだからと言って手続きが不要かというと、そうではありません。

ただ、同じ苗字の人が結婚すると書類上の手続きは必要ですが、同じ苗字だからと言って違う苗字同士が結婚する時と同じで、特に困ることは無いと思われます。

まとめ

こちらでは、同じ名前・同じ苗字の人が結婚した場合に困ることと、その解決策についてまとめました!

同姓同名になると、最初は困ることや戸惑いがありますが、時間とともに慣れてきて、大きな問題とはなっていないことが多いです。

また、同じ苗字の人同士の結婚では、それ以外の人の結婚と比べても何も変わらないということが分かりました。

「名前が同じで非常に困った」という声をあまり聞かない為、結婚するときに名前が同じになることは気にしなくても良いのかもしれませんね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。