バチェラー4黄皓のあだ名がハオハオなのはなぜ?由来は本名?

バチェラー4 黄皓 ハオハオ なぜ 由来

4代目バチェラーの黄皓(こうこう)さん。

もともと黄皓さんと友人だったという秋倉諒子さんは、黄皓さんのことを「ハオハオ」って呼んでいますよね。

あだ名なんだろうなーとは思うものの、なぜ「はおはお」なんでしょうか。

黄皓さんの愛称・ハオハオの由来をまとめました!

バチェラー4・黄皓(こうこう)が秋倉諒子にハオハオと呼ばれるのはなぜ?


黄皓さんと秋倉涼子さんは、バチェラーの舞台で出会う以前から友人というでしたね。

出会った時に笑いが起こるほど、驚いてたシーンでした。

他の女性メンバーはハオハオとは、呼んでいないことからもバチェラー内で生まれたあだ名というわけではなく、友人だからそう読んでいると考えられそうです。

黄皓のハオハオの由来は本名!

では、なぜ「ハオハオ」なんでしょうか。

その答えは、そもそも本名が「ハオ」でした。

黄皓さんは、日本語があまりに流暢ですし、語彙力も豊富なので、中国人というのを忘れがちですが、実は中国人です。

黄皓さんが中国語の自己紹介をしている動画があるので、ご覧ください。

冒頭15秒で、黄皓さんがご自身の名前を中国語でしゃべっています。

音声で聞いてみると、普通に、ハオハオって聞こえますよね。

発音こそ、秋倉諒子さんが呼んでいる言い方とは違いますが、黄皓さんの名前の発音を日本語にならすとハオハオですね。

ちなみに、黄皓さんの読み方は、「ホワン・ハオ」で発音が、「Huáng hào」。そのため、普通に「ハオハオ」と聞こえるということですね。

スポンサーリンク




黄皓(こうこう)がむしろあだ名だった!

黄皓さんの中国語での発音は、ハオハオに近いですが、ではなぜ「こうこう」と呼ばれているのか逆に気になります。

よくよく調べてみると実にシンプルな理由でした。

漢字をそのまま音読みにしただけの話しです。

「黄」をこうと読むのは、ご承知のとおり。

皓は見慣れない漢字ですが、読み方は、「こう」です。

黄皓の読み方

音読みコウ・ オウ」 (訓読み   き・ こ)

音読みコウ」  (訓読み  しろい・ きよい・ ひかる)

つまり、黄皓を音読みすると「コウコウ」というわけですね。

当然、本名ということなると、中国の発音となるのが自然ですので、こうこうがむしろあだ名と言えそうですね。

黄皓さんもハオハオをバチェラー用語として使用中!

もはや、ハオハオという言葉がなんなのか意味不明となっていますww

とりあえず、愛嬌のある言葉であることは伝わってきますねッ!!

ということで、引き続き「ハオハオ」しましょう!

>>>黄皓の父親と母親も日本語が上手いのはなぜ?両親の仕事は?

>>>バチェラー4メンバーのインスタ・Twitter一覧!年齢も職業まとめ!

バチェラー4の関連記事はこちらにまとめています!

バチェラー・バチェロレッテジャパンをより面白く!!表話から裏話まで総まとめ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。